内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-09-04 22:26
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-08-31 14:37
鉄管スロープのサイトをつくり..
at 2017-08-21 21:41
私たちは「都市鑑賞者」だと思う
at 2017-08-04 04:38
ピクトさんTシャツ2017
at 2017-07-11 13:01
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
鳥渡6周年企画展「塀をこえて」
at 2017-06-02 02:00
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン(装飾テント)
ペッ景 PET bottle scape
鉄管スロープ

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
滝本晃司ライブ in 岡山 Vol.7 「100の月」
f0135351_019192.jpg


今年も開催します、滝本晃司ライブ in 岡山。今回は、滝本さんが長年描き続けているイラストカレンダーを会場に展示しますよ。その数なんと150ヶ月分。今回のイベントタイトルを滝本さんのファーストソロアルバムのタイトルに掛けて「100の月」と付けたんですが、ほんとは「150の月」なわけです。

当日はイラストカレンダーのレプリカ販売もおこないます。150ヶ月、どれでも好きな月を選べます。お支払いは当日で、商品は後日、滝本さんからの郵送となります。

そして今回も恒例のスライドトークショー付き。私が聞き手を務めさせていただきます。テーマは「すてきな玄関」。滝本さんが密かに撮り続けている「人んちの玄関」の写真を一緒に鑑賞します。私も撮り溜めている玄関灯の写真を少しお見せしようと思います。

会場は銘木(めいぼく)ビルという3階建てのビルで、岡山市民会館の近くにあります。1階がコーヒースタンド、2Fは美容院(saucer/ソーサー)。ライブ&展示会場は3Fになります(お手洗いは2F)。

滝本晃司ライブ in 岡山 Vol.7
「100の月」
ライブ&スライドトーク&イラストカレンダー展示

日時/2017年6月11日(日)
14:30〜15:30 滝本晃司直筆イラストカレンダー150枚展示※出入自由
15:30〜 受付開始
16:00〜ライブ&スライドトーク
場所/銘木ビル3F(岡山市北区石関町6-10)
アクセス/岡山電気軌道(路面電車)東山本線「城下」停留所より徒歩4分
料金/前売3000円、当日3300円(ドリンク代別※500円)
ご予約/下記メールまでお名前・人数・電話番号をお伝えください。
sintarou2910@gmail.com (主催・福本のメールです)


※フライヤーでは15:00〜になってますが、変更しました。14:30〜15:30の間はどなたでもご自由にお入りください。15:30になったらいったん1Fに降りていただいて、そこで受付スタート&ドリンクお渡しとなります。

f0135351_03237100.jpg
銘木ビルは、この写真の右側のクリーム色の建物です。

岡山城や岡山後楽園のそばなので、ライブ前にゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。6月。梅雨です。晴れるといいですが、雨なら雨で、滝本さんの「雨ソング」にしっとり身を浸すことができますね。

【追記】
滝本さんが6月のカレンダーを来場者全員にプレゼントしてくださるそうです!
わーい。
あと今回つくった上記画像のフライヤーを人数分残してますので、どうぞ記念にお持ち帰りください。イラストは知人の池田美穂さんが描いてくださいました。



by pictist | 2017-05-24 00:36 | イベント
野上鮮魚店さん、おつかれさまでした

f0135351_23205737.jpg

奉還町4丁目商店街(岡山市)の野上鮮魚店(野上商店)さんが閉業されたとの報せが飛び込んできました。まだ現場は見ていないのですが、近くでゲストハウス「とりいくぐる」を営んでいる知人によると、すでに建物の解体が始まっているそうです。上の写真は昨年(2016年)撮影したもの。

昨年、「岡山芸術交流オルタナティブマップ」という冊子3部作を制作しました。これは、街の中にある様々なものを「作品」として鑑賞してもらおう、というコンセプトでつくった街歩きマップです。
http://pictist.exblog.jp/26762645/

f0135351_2321975.jpg

私を含めて3名で手分けして作品の推薦・取材をおこなったのですが、私が担当した案件の一つが、野上商店さんでした。掲載した「作品」は、黒い人造石でできた商品陳列台。貝殻の破片が散りばめられているのが粋でした。

f0135351_2321345.jpg

f0135351_23202062.jpg

f0135351_2321061.jpg
昔は魚を陳列台にじかに並べていたそうです。

取材をお願いすると、ご主人は快く昔のお話をしてくださいました。お店をやめるというようなことはまったくおっしゃっていなかったのですが、ほんの数ヶ月前のことなので、きっともう心に決めておられたのでしょうね。

半世紀以上続いてきたお店と、名も知れない誰かがつくったこの「作品」を最後に紹介することができてよかったです。有為転変は世の習い。仕方のないこととはいえ、長く続いたお店がなくなるのは、やっぱりちょっと寂しいです。

「岡山芸術交流オルタナティブマップ」に執筆した紹介文を、ここに転載しておきます。野上商店さん、長い間おつかれさまでした。


Display Table of Nogami Shouten
野上商店の陳列台

戦前から鮮魚店を営んでいた野上商店は、昭和35年頃に現在の場所へ移転。当時建てた店舗を今もそのまま使い続けている。目を引くのが、商品を並べるための陳列台。黒い人造石でできており、その中に貝殻の破片が散りばめられているのだ。水に濡れた貝殻が光を受け、半世紀前と変わらない輝きを放っている。



f0135351_2321650.jpg



by pictist | 2017-05-04 23:50 | あれこれ