内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
ピクトさんツバメノート
at 2017-04-23 01:20
「都市鑑賞論」イベント記録
at 2017-03-12 23:57
イベント:「都市鑑賞論」大山..
at 2017-01-30 23:44
『勉強できる子 卑屈化社会』
at 2017-01-04 09:32
「三人俳句 よる更けて」の遊び方
at 2016-12-31 02:40
2016年の活動記録
at 2016-12-24 06:08
何も問いかけない写真/中塚浩
at 2016-12-12 22:08
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン souten : japanese awnings
ペッ景 PET bottle scape

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町
・ジュンク堂書店 池袋本店(7階)

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2つの自解コピー

見たことあるのに、見えてなかった。

これは大阪で「団地・ダンメン・ピクトさん」というスライドショーイベントをやったときにつくったキャッチコピー。自分や、自分と同じ匂いのする人たちがやってることって、ひとことで表すとなんなのだろう? と考えて書いた。2004年のことだ。

こうして自分の活動に自解のようなものをつけるというのは、なんだか恥ずかしい。蛇足かもしれない。それでも10年前のこのタイミングで、自分の好奇心の形をはっきり言語化してみてよかったと思う。自分で書いたにもかかわらず、当時「そうそう、僕はこういうのを面白がる人間なんだよな」と気づかされた気がしたのだ。

高校生の頃、萩原朔太郎を愛読していた。詩はもちろんだが、短編小説「猫町」が大好きだった。「猫町」の内容を簡単に言うと、「見慣れた景色が未知の景色に見える」という話だ。知らない町に迷い込んだ語り手の「私」は、しばらくしてそこが自分の家の近所であることに気づく。いつもとは違う方向から町並みを見ていただけだったのだ。

十代の僕はこの作品を読んで「世界は一つだけではない」ことを知った。世界は一つだけではない。言葉だけ見るとちょっと頭のおかしい人のようだが、つまり認知という客観的な視点を得たのだった。

もう一つ、自解コピーのようなものを書いたことがある。

つまらない景色などない。つまらない見方があるだけだ。

これは2005年にウェブサイト「日本ピクトさん学会」に書いた言葉。この言葉は「俺はつまらない見方はしてないよ」って言いたいんじゃなくて、「きっと見方を変えられるはずなんだ」という希望として書いた。自分もふだん「つまんない町並みだなー」と思うことがあるから。

ただ、今見るとなんか高飛車に感じる。もう少し違う言い方をすればよかったかもしれない。当時は自分が感じている面白さを、なんとかして人に伝えたかったのだろうと思う。それで強めの表現になったのだろう。まだ『ピクトさんの本』も出版していない頃だ。

特に結論はないけど。懐かしいなあと思って、2つまとめてみました。



[PR]
by pictist | 2014-04-29 13:45 | あれこれ
詩をみつけました
すてきな詩をみつけました。
タイトルは「すれちがい」です。


すれちがい

始まりよ始まりよ始まりよ
だれもいないの?

いつも、私はもらえない
頭にアンテナ立てればいい
東京駅から奥は行けない

かえってくるときに、そうか、まだここかって
レールは引いてあると思うの。でも

みんな本名じゃないんだって

ギョランギョラン
赤いのと思ったら青いブルー
いっかいさ、コーラ飲んでみたい。赤いの。
手がぽろんととれちゃうよ
それでね、完全体になるんですよ

独り言のようなつぶやきが続いてて
エビがないてる
ついに明日は本当の金曜日です




味わい深いですねー。
何度も読み返したくなります。


実はこれ、一行ごとに別々の人間が発した言葉。
すべて街なかで実際に誰かが言った言葉です。

ツイッターでリタさん(@lesizmo)が始めた
#すれちがい会話というハッシュタグがあります。
カフェや電車、街頭などで聞こえてきた、
知らない誰かの言葉を投稿するタグです。

【2013】すれちがい会話
http://togetter.com/li/488704

この中から私が勝手にツイートをピックアップして
並べ替えてみたのが上記の詩というわけ。
文脈から自由になった、宙ぶらりんの言葉たち。
そこにはなんとも言えない独特の面白みがあります。

上記の「すれちがい」引用ツイートだけを
選んでまとめてみたのがこちら。

すれちがい詩
http://togetter.com/li/656026

10代から50代まで、発言者の年齢層はさまざま。
男女比も半々。
上記の「詩」を読んだあとにこちらを見ると、
ちょっと不思議な気持ちになりませんか。

みなさんも街で気になる言葉を聞いたら
ぜひ投稿してみてください。




[PR]
by pictist | 2014-04-17 02:55 | 執筆
ふぁんしーナイト ~人はなぜPOP体を使ってしまうのか~

久しぶりに東京カルチャーカルチャーに出演します。
2008年の「ピクトさんナイト2」以来だから、なんと6年ぶり。

f0135351_0434895.jpg

【ふぁんしーナイト ~人はなぜPOP体を使ってしまうのか~】

前川さんが研究している「ふぁんしー」物件を鑑賞しながら
4人であれこれ語るスライドトークショーです。

前川さんには2012年に岡山で八重歯イベントをやってもらいましたが、
そのとき同時にプレゼンしてもらった「ふぁんしー」がとても面白かったので
もっとたくさんの人に見てもらいたいなあと思ってました。

今回の出演者(前川、大山、伊藤、内海)が普段やってることを
面白がってくれる人なら、このふぁんしーも絶対楽しめるはず。

説明文の中にある「人は誰もが心の中にふぁんしーを持っている」
の言葉通り、笑った後にふと自分の胸に手を当てて考えてしまう瞬間が訪れます。
意外と奧が深いふぁんしー。
話題が四方八方に広がりそうな予感がしてて、今から楽しみです。

他の3人からも、ふぁんしー周辺にある何かについてプレゼンする予定です。

f0135351_1144092.jpg

緊張感のないPOP体ピクトさん。

東京カルチャーカルチャー_イベント告知ページ


街鑑賞のエキスパートたちが贈るスライドトークショー!
【ふぁんしーナイト ~人はなぜPOP体を使ってしまうのか~】

貼り紙のPOP体、ひらがな化、ハートマーク。
お部屋やお庭を彩る置物たち…
街で見つけたふぁんしー物件を鑑賞しながら
ふぁんしーについて考えるスライドトークショー。

市井の人々が看板を書くとき、貼り紙を作るとき、
体内に潜むふぁんしーがふと顔を出すことがある。
ふぁんしー衝動の発露である。

一方で、ふぁんしーなものを蛇蝎のごとく忌み嫌う人々もいる。
ふぁんしーから逃れ、ふぁんしーでないものを求める層も確実に存在する。
ただ、それもやはりふぁんしーを意識した結果である。

人は誰もが心の中にふぁんしーを持っている。
それを受け入れるか、抗うか。
見ないふりをするか、向き合うか。
私たちは日々、選択を迫られながら生きているのだ。

誰もふぁんしーの呪縛からは逃れられない。
普段ふぁんしーを遠ざけて生きている人も、
一度じっくりとふぁんしー物件を鑑賞し、
自分の内なるふぁんしーの声に耳を傾けてみてほしい。
あなたもいつか、絵手紙を描きたくなる日が来るかもしれないのだ。


【出演者】
前川ヤスタカ/1972年生まれ。2008年、換気口マニアとしてタモリ倶楽部に出演。2011年、八重歯愛好家としてタモリ倶楽部に2度目の出演。現在ふぁんしー研究家としてみたびの出演依頼を静かに待っている。『八重歯ガール』著者。

大山顕/1972年生まれ。「デイリーポータルZ」ライター。住宅都市整理公団総裁。『工場萌え』『ジャンクション』『高架下建築』『共食いキャラの本』著者。「浮かれ電飾」や「7人の小人」などのふぁんしー関連現象にも造詣が深い。

伊藤健史/1975年生まれ。「デイリーポータルZ」ライター。有毒生物に詳しい会社員。バレンチノ収集家。商店街ゲート鑑賞家。最近、「貝殻を使って道路標識を作ってみる」などの実践的ふぁんしー研究にも手を染め始めている。

内海慶一/1972年生まれ。日本ピクトさん学会会長。装飾テント鑑賞家。100円ショップの商品を収集・研究した書籍『100均フリーダム』を2010年に上梓。100均とふぁんしーの関係を長年見つめ続けている。『ピクトさんの本』著者。


2014年5月10日(土)
Open 17:30 Start 18:30 End 21:00 (予定)
前売チャージ券2,100円・当日券500円増
東京カルチャーカルチャー
東京都江東区青海1丁目3-11 Zepp Tokyo2F



チケットはイープラスでただいま発売中。
「ファミリーマート店内のファミポートでの直接購入が便利です」だそうです。
イープラス_チケット購入ページ



[PR]
by pictist | 2014-04-10 01:18 | イベント