内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
ブログを引っ越します
at 2017-11-29 20:05
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-09-04 22:26
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-08-31 14:37
鉄管スロープのサイトをつくり..
at 2017-08-21 21:41
私たちは「都市鑑賞者」だと思う
at 2017-08-04 04:38
ピクトさんTシャツ2017
at 2017-07-11 13:01
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン(装飾テント)
ペッ景 PET bottle scape
鉄管スロープ

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
滝本晃司ライブ in 岡山 2012
f0135351_24212.jpg

滝本晃司さん(exたま)の岡山ライブが決まりました!
1年ぶり5回目です。

去年は蔭凉寺さんでやらせていただきましたが、
今回は地元の方にはおなじみのカフェ、
奉還町のONSAYAさんで開催します。
2階の、あの空間です。

お店を知ってる方には分かってもらえると思いますが、
あの2階の雰囲気と滝本さんの音楽、
とても合うと思うんです。



今回もスライドショーコーナーを間に挟みます。
まだはっきり決めてないんですが、
今回はみなさんから事前に写真を募って
それを滝本さんと一緒に見ていくというような、
お客さん参加型の感じにできたらな、と思ってます。

もちろん滝本さんご自身が撮影された写真も
前回同様、紹介させていただくつもり。
このスライドコーナーは
岡山でしかやってないので貴重だと思います。

昔からのファンの方は滝本さんがかつて
「すべり台研究家」だったことはご存じですよね。
以前、滝本さんに
「すべり台の写真が見たいです」ってお願いしたんですが、
「家のどこかにはあると思うけど見つけられなくて・・・」
というお返事で(笑)、残念ながら幻となっています。
いつか見たい!
発掘してほしい!

スライドコーナーの詳細は近日中に決めて、
またここで報告しますね。
※追記:お題を決めました。

それから主催者の福本君が今回も演奏で何曲か参加します。
これも地方ライブでは珍しいケースだと思います。
滝本さんのギター一本の演奏ももちろん素敵ですが、
たとえば『サーカスの日』『星を食べる』『むし』などで
福本君のピアニカが加わるとさらに味わい深いです。

「岡山でしか体験できない滝本晃司ライブ」
をみなさんと一緒につくっていけたらいいなあと思ってます。



滝本晃司ライブ in 岡山 2012
2012年11月24日(土)
開場18:30 開演19:00
料金/3,000円(ドリンク代別)
場所/ONSAYA(岡山市北区奉還町2-9-1)
※奉還町商店街の中にあります。

【ご予約】
下記メールへお名前と人数をお伝えください。
内海慶一 picto@mx35.tiki.ne.jp
その他、なにかご質問がありましたら
お気軽にメールください。

主催/福本伸太朗、内海慶一






上記フライヤーのイラストを描いてくれたのは
地元で「コロリス自転車喫茶室」
というお店をやっている梶井久美さん。
もちろん梶井さんも滝本ファン。
さすが、滝本さんの世界観にぴったりの絵ですよね。



[PR]
by pictist | 2012-09-21 16:17 | イベント
【ピクトさんスケッチブック】リリース
ピクトさんグッズリリースのお知らせです。
ピクトさんスケッチブック!

f0135351_12231924.jpg

この表紙、見たことありますよね。
大正9年創業、スケッチブックの老舗ブランド
marumanとのコラボ商品です。
おなじみの表紙に銀箔押しのピクトさんが乗りました。

f0135351_12321145.gif

ピクトさんが眩しい!

f0135351_12334861.jpg

50年以上にわたって愛されてきた、
誰もが知っているスケッチブックの代名詞
「マルマン図案スケッチブック」。
品質を維持するため、すべて国内の自社工場でつくられています。
2008年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した、
まさに日本を代表するスケッチブックです。

【ピクトさんスケッチブック】
B5サイズ ヨコ 24枚
価格/525円

こちらから通販でご購入いただけます→ mon cifaka online store

※岡山県立美術館で販売がスタートしました。
広島市現代美術館にも近々納品予定です。



[PR]
by pictist | 2012-09-10 14:06 | ピクトさん
前川ヤスタカ(前川やく) スライドトークライブ 2012.10.6
f0135351_1854386.jpg

伝説のサイト「スレッジハンマーウェブ」を見てた人、いませんか。けつだいらに投稿したことある人、いませんか。あの前川やく(現 前川ヤスタカ)さんが岡山に来ます。

世界でただ一人の「換気口マニア」としてタモリ倶楽部に出演し、近年は著書『八重歯ガール』を刊行、八重歯ブームの仕掛け人としても活躍している前川さんのスライドトークショーを開催します。トークパートナーはわたくし内海が務めさせていただきます。

八重歯トークをメインに、前川さんが絶賛研究中のテーマ「ふぁんしー」についてのプレゼンも盛り込んでいただく予定。私は実はこっちのほうが楽しみなのです。ふと気づくと我々の生活の中に(いや体内に)忍び込んでいる「ふぁんしー」を、実例を挙げながら解説していただきます。これも書籍化されるといいなー。

あ、そうそう。ツイッターやってる人は3年ほど前に「フグ田マスオ」のアカウントが話題になったの、憶えてませんか。サザエさんの放映時間にマスオさんがその回の裏話をつぶやくという趣向の。あれやってたのも前川さんです。

会場では岡山だけのオリジナル缶バッジ「会場限定ヤエバッジ〜岡山エディション」を販売します。どんなデザインかはナイショ。だってあのキャラをごにょごにょ・・・大人のみんな、分かってるよな。

当日は私も少しだけプレゼンさせていただきます。まだなにやるか決めてないけど。なにがいいですか。ピクトさん、100均、シュロ、ペッ景、装テン、玄関灯などなどございますが。

会場は小さなカフェバーなので、席数に限りがあります。お早めにご予約ください。また、イベント終了後に懇親会をおこないますので、前川さんとお話ししたい!という方はお気軽にご参加ください。

【前川ヤスタカ スライドトークライブ】
・日時/2012年10月6日(土) 18:30〜20:30(開場18:00)
・場所/カフェ&バー Dindi(ジンジ)
岡山市北区表町1-11-1
Tel 086-224-1124
・料金/1000円(ドリンク別)

●ご予約/お名前と人数をご記入の上、内海までメールください。
picto@mx35.tiki.ne.jp
ツイッターでもOKです。→ @pictist

●前川ヤスタカ(旧名:前川やく) プロフィール
1972年生まれ。一児の父。2000年頃からウェブを中心にいろいろやっている兼業著述家。ネット黎明期のサイト「Sledge Hammer Web」で人気を博したのち、「換気口」「八重歯」で二度のタモリ倶楽部出演。現在は八重歯をはじめニッチなテーマの各種トークイベントにも出演中。著書に『八重歯ガール』(朝日新聞出版)。
twitter - @ysmkwa

前川さんのブログはこちら→ 前川

●参考サイト
〈スレッジハンマーウェブ〉
http://homepage2.nifty.com/sledge_hammer_web/
〈八重ガ〜八重歯ガールのすべて〜〉
http://yaebasuperstar.blog123.fc2.com/
〈換気口鑑賞団〉
http://garari.jugem.jp/

[PR]
by pictist | 2012-09-03 19:26 | イベント
『タイポさんぽ 路上の文字観察』
f0135351_6262057.jpg

最近いろんな人に薦めまくってます。『タイポさんぽ 路上の文字観察』(藤本健太郎/誠文堂新光社)は街の看板から「文字」を採取し、そのデザインの妙を鑑賞した本。


町の風景に溢れる見慣れた「普通の書体」の海から、岩礁のように個性を突き出し訴えかけてくる文字


という一文が本書の中に出てきますが、これは著者の藤本さんの眼差しを端的に表していると思います。市井のデザイナーや職人の手仕事に宿る個性と野性を、藤本さんは愛する。その愛が本書の魅力の源泉となっています。

印象的なフレーズをいくつか引用しましょう。


なんでもかんでも既製書体でキレイ目に組んでおけば間違いないという考え方に鉄拳を喰らわすかのような、この奔放なシルエット

かつてあった法則性が失われたのかそれとも最初からそんなものはなかったのか限りなく分かんない感じ

描いた人の息づかいが伝わってくるようなアコースティック・タイポ

ちょっとやりすぎじゃないのか!と思ってしまうほどの躍動感

蒸留されきった現代の高精度な書体にはない、剥き身の迫力を持つ手仕事レタリング

「こういうのはどうだろう」と鉛筆ラフを描いているうちに思い付いたとしても、それを最後までやりきろうとはそうそう思わない処理

ちょっと他にあったかどうか思い出せない個性的な配色

文字としての完成度云々などといったこととはまったく別の次元に花開いた自由さ

レタリング奥義の惜しみないデモンストレーション


どうですか。この愛と可笑しみに満ちた表現。日本中どの街にも溢れている看板タイポグラフィを、こんなスタンスで切り取った人がかつていたでしょうか。

「見たことあるのに見えてなかった」が私の活動のテーマですが、本書も見事にそう思わせてくれるものでした。いつもの散歩がタイポさんぽに変わってしまう人、続出の予感です。

『タイポさんぽ 路上の文字観察』
藤本健太郎
出版社:誠文堂新光社
発売日: 2012/8/17
ページ数:167ページ
ISBN:9784416212844

http://www.amazon.co.jp/dp/4416212844

版元の紹介ページ
http://www.idea-mag.com/jp/publication/b036.php

ーー

※追記

出版記念イベントが決まりました!
かつて私も「ピクトさんナイト」を開催した、お台場のカルカルです。
私は駆けつけることができませんが、みなさんぜひ!

【タイポがたり ~路上の文字観察を語る!~】
2012年10月21日(日)
Open 12:30 Start 13:00 End 15:00 (予定)
前売券/¥1500 (その他飲食代は別途) 当日券/¥2000

詳細
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_120927204053_1.htm



[PR]
by pictist | 2012-09-01 05:29 | レビュー