内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
ブログを引っ越します
at 2017-11-29 20:05
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-09-04 22:26
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-08-31 14:37
鉄管スロープのサイトをつくり..
at 2017-08-21 21:41
私たちは「都市鑑賞者」だと思う
at 2017-08-04 04:38
ピクトさんTシャツ2017
at 2017-07-11 13:01
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン(装飾テント)
ペッ景 PET bottle scape
鉄管スロープ

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


カテゴリ:イベント( 27 )
〝ブック愛〟を持ち寄る「山陽学園ブックトレード」 2012.5.26

f0135351_1427971.jpg

去年、滝本晃司さんのライブに一緒に参加したり、
先月こんなことをやったりした野村さんが、
勤め先の山陽学園(岡山市)で本の交換イベントを開催します。
5月26日(土) 10:00~15:00

ーー

【ブック愛を持ち寄るイベントです】

本の交換会「ブックトレード」に参加しませんか?
どなたでも自由にご参加いただけます。

1.読み終えた本の中から、誰かに読んでほしい「おすすめ本」を持ってくる
2.次に読む人へ宛てた「おすすめメッセージ」を書いて本に添える
※会場で記入カードをお渡しします。
こんな感じ→ http://bukutore.jugem.jp/?eid=4
3.みんなが持ち寄った本の中から自分が読みたいと思った本を持って帰る

※持ってくる本は何冊でもOK。
 持ってきた冊数と同じ冊数を持って帰ることができます
※文庫・ハードカバーなど本の種類は問いません。
 (百科事典・雑誌・マンガはご遠慮ください)
※原則として同数冊での交換ですが、
 提供冊数以下のお持ち帰りでも構いません

〈日時〉2012年5月26日(土) 10:00~15:00
〈場所〉山陽女子中学校・高等学校 (岡山市中区門田屋敷2-2-16)
    校舎前「淑徳館」
※雨天開催
※公共交通機関でお越しください。市電「東山行」東山下車3分

●ブックトレード以外にも書籍やグッズ販売など、
 さまざまなコーナーがあります。

【出店ブース】
吉備人出版_郷土本紹介
日本文教出版_郷土の百科事典「岡山文庫」
万歩書店平井店_こだわりの古本
ポール工房_岡山生まれのハンドメイド雑貨販売
岡山電気軌道_MOMO、たまグッズ販売
森の工房・mokuan Varier_手作りパン・カレーライスの出張販売
*ドリンク販売

【特別展示】
*フランク・ロイド・ライトの系譜
*今年発見された遠藤新のテーブル

主催:山陽女子中学高校みさお会編集部・図書委員会
お問い合わせ 086-272-1181(担当:野村)
nomura@sanyogakuen.net

ーー

読んでお分かりの通り、単なる古本交換ではありません。
自分が読んで面白かった「おすすめの本」を交換するのです。
いい企画だと思いませんか。
普通はいらない本、もう読まない本を手放しますよね。
でもこのイベントはそうじゃない。
できれば手元に置いておきたいような、
もう一度読むかもしれないような本を、
それでも「誰かに読んでほしい」という思いで手放す。
みんながそういう気持ちで、本を持ち寄るのです。

そして会場で選んだ本を、
前の持ち主の本への愛情と一緒に持ち帰る。

どんな本が集まるのか、今から楽しみですね。
「サミュエルへの手紙」のポールさんもブース参加されますよ。
そしてランチにはぜひ森の工房さんのおいしいパンやカレーを。

私は撮影係で参加しようと思ってます。
なんの本を持っていこうかなー。

ーー

山陽学園ブックトレード公式ブログで随時情報を更新してますよ。
http://bukutore.jugem.jp/



[PR]
by pictist | 2012-04-19 14:55 | イベント
【まち歩き写真あそび】鑑賞レポート

2011年12月に岡山市で開催した「まち歩き写真あそび」の鑑賞レポートです。参加者は8人。それぞれ別々のお題で写真を撮りました。本当は全員分を紹介したいくらいそれぞれ面白かったのですが、ここでは代表例としてスタジオ貝の小野さんが引いたお題「台」を紹介します。

まずは「こちらのページ」でこの遊びのルールをおさらいしてください。

それでは見ていきましょう。小野さんが「台」を撮った写真です。
(残念ながらすべてではありません。半分以上割愛しています)

f0135351_6273813.jpg

屋根が台。そうですね。こういうことですよね。なにかが乗っているものは「台」と認識するだろうと。それはこのお題をつくったときから予想していたことです。

f0135351_6283939.jpg

ベランダが台。植木鉢のための台。このあたりもまだ私の予想の範囲内です。ただ、私たちは今までベランダを「台だなあ」と思って見たことはないですよね。そこがすでに面白いと思います。

それと植木鉢の下になにか白い板のようなものが「噛まして」ありますが、小野さんはこれも台だと思って撮ったそうです。ベランダという台。その上に、また台。ダブルです。

f0135351_6323671.jpg

これは台のためにつくられた台。まっとうな台ですね。

f0135351_6325663.jpg

エアコンの室外機のための台。このあたりは住宅街なので、植木鉢と室外機を多く撮影することになりました。

f0135351_635464.jpg

居酒屋の提灯看板を置くための台。二本の棒の上に乗せられています。これはなにか理由があるんでしょうかね。高さの調節でもなさそうだし。

それにしてもこんなところ普段は見ようとしませんよね。看板の文字や絵は見ても、下に置いてある棒なんて誰も注目しない。そこをじっと見ることになるのがこの遊び。

f0135351_753355.jpg

これもダブル台。道路より一段上がっているコンクリート部分が台で、さらに左から2番目の鉢の下にあるレンガも台。ここだけレンガに乗せてるのはなぜなんだろう。そんなことをみんなであれこれ言い合うのも楽しかったです。「なぜこうなったか」を考えながら見る。

f0135351_761552.jpg

この写真が出てきたときはスライドを見ていたみんながざわめきました。よく道路脇にありますよね。地中電線の変圧器かな。これも台だと小野さんは言うのです。「なにも置いてなくても台なんですか?」って聞いたら「はい、台たりえるものだから台です」と。

台たりえるものは、台・・・いいセリフです。なんというか、ここで次の段階へ行ったな、と思いました。小野さんに「いちばん最初にこれを見ていたら撮影していましたか?」と聞いたら「してなかったと思う」という答え。20枚30枚と撮り続けてきた挙げ句にこれを見たから、これを台だと思ったということです。

f0135351_77239.jpg

さらに衝撃だったのがこれ。この写真が映ったとき、みんな一瞬「?」となったんですが、聞いてみると奥の2台のクルマが停めてある白いコンクリート部分、あのスペースが台だと言うんです。

まわりのアスファルト部と高さの違いはほとんどないですよね。「高さがなくても台です」と小野さん。またいいセリフが出ました。

f0135351_773674.jpg

いろいろ割愛しながら紹介してるので唐突感があるかもしれませんが、たくさん写真を見続けてここまでくると、もう見てる我々も「ああ、まあそうですねえ」っていう感じになるんです。今見ると「ただの石じゃん」って思いますが、流れの中で見てるとなんとなく納得してしまう。

撮影してる本人はもちろん大まじめです。これも台たりえるから台だと。植木鉢の下に置いてあるレンガや石をたくさん見続けてきたために、石単体でも「台」に見えるようになったのでしょう。

f0135351_78952.jpg

これも台だと。このあたりまでくると見てる側も「台ってそもそもなんだっけ?」の暗黒面に堕ちていってます。撮影者本人も意識と無意識の中間みたいなところで撮ってるのでしょう。

f0135351_791618.jpg

これもなぜ一番左だけレンガを入れてないのか、気になりますね。あなたも考えてみてください。これを置いた人の気持ちになって。

f0135351_79368.jpg

自転車の荷台。

f0135351_795816.jpg

植木鉢はけっこう台に乗ってるんだな、ということがだんだん分かってきますね。私は園芸の趣味がないのではっきりとした理由を知らないのですが、地面の熱が直接鉢に伝わらないようにとか、そういう意味があるのでしょうか。でももしそうだとしたら、逆に台に乗せていない鉢があるのはなぜなんでしょう。

f0135351_7102598.jpg

こういうのも実に味わい深いですね。なぜこういう置き方をしたのか、想像しながら見るのが面白い。

f0135351_7104136.jpg

ほら。台に乗せる鉢と乗せない鉢の違いはなんなんだろう。誰か知ってたら教えてください。

f0135351_7413549.jpg

幅と奥行きと高さと、いろんな条件が合致したものが台として使われるわけですよね。そのあたりも考えながら見ると面白いと思います。

f0135351_7422636.jpg

これもダブル。コンクリートの台の上に、黄色いケースの台。ケースの下の空間になにかしまってあるのが見えますね。台にもいろんな智恵が隠されています。

f0135351_744487.jpg

トラックの荷台。

f0135351_7451825.jpg

これは複雑。台が何層にも組み合わさっています。右上の、バケツがバケツの台になっている様子なんかもいいですよね。

・・・しかし冷静に考えるとこれを見て「台が組み合わさっている」と思う人は普通いないわけです。撮影者も、そして後からそれを鑑賞している私たちも、すっかり「台目線」で世界を見ている。

f0135351_746739.jpg

こちらはさらに複雑です。もうなにがどうなってるのか。クリックして大きな写真で見てみてください。台は全部でいくつあるでしょう・・・

f0135351_7465424.jpg

まだまだあります。残りはコメントなしでどうぞ。できれば一枚ずつゆっくり見てください。撮影者の小野さんの気持ちを想像しながら。そして「台」をつくった人の気持ちも想像しながら。

f0135351_74841.jpg

f0135351_7482845.jpg

f0135351_749212.jpg

f0135351_7492594.jpg

f0135351_7494360.jpg

f0135351_751697.jpg

f0135351_7512045.jpg

f0135351_7515539.jpg

f0135351_7524717.jpg

f0135351_7525977.jpg

f0135351_7533339.jpg

f0135351_7534484.jpg

f0135351_754126.jpg

f0135351_7542683.jpg

f0135351_7545129.jpg

f0135351_755389.jpg

f0135351_755501.jpg

f0135351_756144.jpg

f0135351_7561329.jpg

f0135351_7563785.jpg

f0135351_756484.jpg

f0135351_7571224.jpg

いかがでしたか。毎日見ている通勤路も、自宅の近所の景色も、こうして少し見方を変えるだけで新鮮に思えてきます。世界にはいろんな表情があって、それがレイヤーのように幾重にも重なっている。また人それぞれ見ている景色は違うし、自分自身の中でさえも、刻一刻と世界の見え方は変わっているのです。

それを意識して凝視すると、自分の知覚の輪郭に触れられる瞬間がある。それがこの遊びの面白さの核だと私は思っています。

みなさんも機会があればぜひやってみてください。「見たことあるのに、見えてなかった」。そういうものが、世界には(あるいは自分の脳の中には)たくさんあることに気づくはずです。



[PR]
by pictist | 2012-02-20 07:11 | イベント
第2回 全国一斉100均フリーダミング開催
f0135351_18173018.jpg

twitterをやっている方にお知らせです。
去年の2月に開催した
「全国一斉100均フリーダミング」、
今年もやります!

【開催日時】2012年2月12日(日) 14:00くらいから

100均フリーダミングとは、100円ショップに行って
「フリーダムだなあ」と思った商品を購入すること。
それを全国一斉に同時多発でやろうという試みです。

で、購入商品の写真をツイートして
みんなで共有して楽しもうというわけです。
(店内で撮影しないようにしてくださいね)

知人とチームを組んで参加するもよし、
ひとりで最寄りのお店へ行くもよしです。

去年は東京と札幌にチームができて、
それ以外はみなさんバラバラだったと思います。
私もひとりでやってました。

「参加してみよっかなー」という方は
私まで参加表明リプライください。→ @pictist
当日たまたまヒマだったらやるぐらいの
感じでいいので、ぜひ。

昨年の様子はこちら。
全国一斉100均フリーダミング(前半)
全国一斉100均フリーダミング(後半)

ハッシュタグは#100f_ingです。
100均フリーダムTシャツを持ってる人は
着用して参加してくださいね。
(どうせ上着で見えないけど)

そしてもちろん、ウェブサイト&書籍
『100均フリーダム』で予習を!

ーー

【追記】
無事終了しました。
参加者のみなさま、どうもありがとうございました。
当日のまとめです。
深夜までツイートが続くほどの盛り上がり。楽しかった!
第2回 全国一斉100均フリーダミング(前編)
第2回 全国一斉100均フリーダミング(後編)



[PR]
by pictist | 2012-01-19 17:21 | イベント
【まち歩き写真あそび】レポート&鑑賞会のお誘い
f0135351_23124173.jpg








12月3日に岡山市出石町で【まち歩き写真あそび】を開催しました。これは大山さんがやっている「うまくならない写真ワークショップ」にインスパイアされたものです。そこに私なりの考えをミックスして、ルールとお題をつくってみました。
(告知記事)

まずは会場に集合。みんなでクジ引きをします。それぞれの紙には、私があらかじめ考えた「お題」が書かれています。(お題の発案にはポールさんのむたいさんのお二人にもご協力いただきました)

以下が、今回入れたお題です。参加者が8人だったので8つ。事前に20個ほど用意した案の中から、人数分を選びました。全員がバラバラのものを撮ることがポイントです。

・台
・筒
・紐
・穴
・取っ手
・覆われたもの
・修繕されたもの
・隙間にあるもの

自分がひいたお題に合致するものを撮り集めるのがこの遊びのミッションです。各人のお題は他の参加者には教えないようにします。まち歩きが終わったあと、鑑賞会をする際に初めて誰がどんなお題をだったかを公表します。

基本的にはお題の解釈は各人の中でしていただきたいのですが、どうしても事前に確認したいことがあったらこっそり聞いてください、と伝えました。お題の確認が済んだらみんなで出発。全員で同じ道を歩きながら、同じ景色を見ます。これもポイントです。

実際には2時間ちょっと歩いたのですが、90分くらいでもよかったかな、と終わったあと思いました。このあたりはお題とまちの相性にもよるでしょうね。(今回は結果的に、全員100枚以上撮れました)

歩き始める前に、以下の留意点を参加者のみなさんに伝えました。

〈写真で遊びます〉
表現とか記録とかそういう意図から離れて、ちょっと写真で遊んでみましょう。同じテーマのものを何十枚も撮り続けたとき、なにが見えてくるのか。それともなにも見えないのか。この遊びには、正解も不正解もありません。あとで答え合わせがあったりとか、優劣があったりとか、そんなことは一切ありませんのでご心配なく。

〈集めることが目的です〉
みんなと一緒にまちを歩いて自分に与えられたお題を見つけ、それを撮り集めてください。多ければ多いほどいいです。表現するための撮影ではありません。きれいに撮ろうとしなくていいです。

〈選ばない〉
好みで撮るか撮らないかを選ばないでください。例えばお題に合致するものを見つけたけど、「汚い場所だなあ」と思って撮るのをやめた、ということはしないでください。汚かろうと臭かろうと、それがお題に合致していると思ったら必ず撮ってください。

〈迷ったら撮る〉
「これはお題に合ってるかな?どうだろう・・・」と迷う事例が出てくると思います。そんなときも、撮ってください。「これ迷ったんですけど」と、あとで鑑賞会のときに教えてもらえれば、それも含めて楽しく鑑賞できると思います。


準備ができたら、さあ出発!

f0135351_3592632.jpg
ぞろぞろ・・・

f0135351_3571118.jpg
いきなりこのバラバラ感。

f0135351_3581410.jpg
それぞれお題が違うので当然こうなるんですが。

f0135351_3572525.jpg
f0135351_3565972.jpg
f0135351_358495.jpg
f0135351_3575812.jpg
f0135351_358588.jpg
f0135351_3591822.jpg
f0135351_3582250.jpg
ときどきみんなが固まる場所があって面白かったです。
同じ場所でそれぞれ違うものを撮ってるという。

f0135351_359870.jpg
これ奥の人、順番待ちしてるんですよ。別のもの撮ってるはずなのに。

f0135351_3574961.jpg
同じ景色を、全員違う目で見ている。そう思うと面白いですよね。

f0135351_3584064.jpg
たまにはこうして、なにやら盛り上がってました。
お題とは関係なくなにか見つけることもあるんです。

f0135351_3574020.jpg
そして会場に戻ってきてお茶を飲みながら鑑賞会。


これがもう予想以上に面白かったんですが、
撮れ高はたくさんあるし1枚1枚見ながら盛り上がるしで、
結局2人分しか鑑賞できなかったんです。
(「紐」と「修繕されたもの」を鑑賞しました)

というわけで残り6人分、鑑賞会の続きを開催します。
12月25日(日) 13:00〜16:00
場所は前回と同じくピエニさん。
http://felicite.exblog.jp/

見学大歓迎です。もちろん無料。途中入場可。
どなたでもお気軽にご来場ください。

また鑑賞会のレポートも書きます。
この遊びは一体なにがどのように面白いのか。
参加者はこの体験を通じてなにを感じたのか。
そんなところもお伝えできればと思っています。

ナビゲーター/内海慶一(@pictist
協力/ポール(@paulmacchiato)、のむたい(@0916tai



各地方の方で「自分たちもやってみたい」
という方がいらっしゃいましたら、
ぜひチャレンジしてみてください。
ご相談いただければアドバイスいたします。
picto@mx35.tiki.ne.jp



[PR]
by pictist | 2011-12-09 04:33 | イベント
【まち歩き写真あそび】参加者募集
ありふれた景色が違って見える、かも。

f0135351_23124173.jpg








岡山で「まち歩き写真あそび」
という企画をやります。
2011年12月3日(土) 13:00~

その名の通りなんですが、
みんなでまちを歩いて写真を撮って、
それを一緒に見て楽しむ、という遊びです。

ただし、撮るものを自分で決めることはできません。
各自、指示されたものを撮ることになります。



あなたは、他人に「これ撮って」と
言われたものを写真に撮ったことありますか。
仕事などでの経験は別として。

しかも1枚だけじゃなく、たくさん。
まちを歩きながら撮り続けたことありますか。

たぶんないですよね。
ちょっと想像すると、
そんなの楽しくないんじゃない?
と思うかもしれません。
言われたものをただ撮るだけなんて、と。

どうでしょう。
やってみなければ分かりません。
私自身は、ものすごく
楽しいはずだと思っています。

表現することから離れ、
遊び道具として写真を利用する。
シンプルな試みですが、
意外とそういうカメラの使い方を
したことのある人は少ないのではないでしょうか。

ちなみにこの遊びの副作用として、
「景色を見る目が少し変わる」
という症状があらわれる可能性があります。



ざっと流れを説明します。
まず参加者が会場(カフェ)に集合。
(10人前後でやろうと思っています)

そこで私が簡単な説明をしたあと、
くじ引きをしてもらいます。
くじにはそれぞれ「なにを撮るか」が書かれています。
例えば「赤いもの」とか、そういうことです。
概念かもしれないし、具体的なモノかもしれません。

みんなで一緒にまちを歩きます。
全員、同じ道を歩きます。
同じ景色を見ることが重要だからです。
休憩をはさみつつ、たぶん2時間くらい。

各自、自分のお題に合ったものを見つけ、
写真に収めていきます。
多ければ多いほどいいです。
同じものをひたすら撮り集めていきます。
お題によってはなかなか合致するものが
見つからないこともあるかもしれませんが、
それはそれで、運命だと思ってください。

会場に戻ってきて、
各人の写真をプロジェクタで鑑賞します。
自分以外の人がどんなお題をひいていたのかが
ここで明らかになります。

お茶でも飲みながら
お互いに感想を言い合いつつ
のんびり楽しみましょう。



この企画は友人の大山さんが行っている
「うまくならない写真ワークショップ」
にインスパイアされています。

大山メソッドを踏襲しつつ、
お題に私なりの工夫をまぜて
遊びにしてみようと思っています。



〈日時〉2011年12月3日(土) 13:00~18:00
※前半でまち歩き撮影、後半で鑑賞会をします。
※鑑賞会だけへの参加もOKです。ひやかしに来てください。

〈場所〉ピエニ(岡山市北区出石町1-8-1)
http://felicite.exblog.jp/
※まち歩きのスタート&ゴール地点。鑑賞会もここで行います。

〈参加費〉無料です。
ただ、会場となるカフェ「ピエニ」さんへのお礼がわりに、
できればお茶を飲んだりケーキを食べたりしてあげてください。
メニューの一例です→エスプレッソ、カフェラテ、紅茶、
ショコラショー、ホットワイン、ジャムソーダ、ホット花梨ジュレ

〈必要なもの〉
デジカメ
※できれば付属の接続コードもご持参ください。

〈予約〉
ツイッターで内海(@pictist) 宛てにリプライください。
質問があればお気軽にどうぞ。
メールでも受け付けてます。
picto@mx35.tiki.ne.jp



ナビゲーター/内海慶一(@pictist
協力/ポール(@paulmacchiato)、のむたい(@0916tai


※追記:参加者が予定人数に達しましたので締め切りました。
後半の鑑賞会にはどなたでも自由にご来場いただけます。


[PR]
by pictist | 2011-11-19 22:37 | イベント
滝本晃司ライブ in 岡山 2011の記録
友人の福本君が主催した
滝本晃司ライブ in 岡山Vol.4、無事に終わりました。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
来場者数55名。過去4回でいちばん多かったとのことです。

今回は初めて蔭涼寺さんというお寺を
会場に使わせていただいたのですが、
ピアノもあるし音響設備も照明もばっちり揃っていてびっくり。
まるでライブハウスようなお寺でした。
住職さんが長年音楽に携わっておられるそうです。

f0135351_0192266.jpg

f0135351_018419.jpg

f0135351_019422.jpg

奧でピアニカを吹いているのが福本君。
他にもギターやピアノ、口琴をこなし、
曲ごとに楽器を変えながら滝本さんをサポートしていました。

f0135351_0202881.jpg

こちらは3人での演奏。
真ん中でマンドリンを弾いているのは
福本君と私の共通の友人、野村君です。
野村君は「むし」で虫笛(蝉笛)をまわす役もやりました。

f0135351_0212016.jpg

これが滝本さんの蝉笛。
たま時代に何度かライブで蝉笛を拝見していましたが、
初めて近くで見ることができました。
かわいい。

f0135351_0206100.jpg

今回ライブが決まったときに滝本さんから
「なにか一緒にコラボでやろうよ」とお誘いいただいたので、
共通の趣味である「シュロ」の写真を紹介しながら
トークさせていただきました。

滝本さんのシュロ写真は今回が初公開。
誰に見せるつもりもなく何年間も撮ってたって
いうんだからすごいですよね。
お披露目のきっかけになることができてよかったです。

シュロのことが気になり始めた方は
拙稿「シュロ景」をぜひどうぞ。
雑誌『生活考察Vol.2』

f0135351_0175733.jpg

蔭涼寺の入口の門。
岡山らしく、瓦に桃が乗っかってます。
このお寺、300年の歴史があるそうです。

で、ライブの翌日、滝本さんと
広瀬町〜番町〜弓之町〜出石町〜中山下を
まち歩きしたのですが、
歩き始めてすぐに、なんとオオスカシバに遭遇。

f0135351_0204911.jpg

オオスカシバといえば滝本さんのインストアルバム『3g』
ジャケットに描かれている蛾です。
滝本さんと一緒にいるときにオオスカシバを見るなんて、
なんともうれしい、特別な経験でした。

[PR]
by pictist | 2011-10-19 01:25 | イベント
滝本晃司ライブ in 岡山 Vol.4
f0135351_18471436.jpg

滝本晃司さん(exたま)が久しぶりに岡山へ来られます。
今回の会場は、なんとお寺。
いつもとは違った雰囲気でライブをお楽しみください。

友人の福本君がこのライブを主催しているので、
私もいろいろ手伝ってます。

以下、告知文。

--

滝本晃司ライブ in 岡山 Vol.4
2011年10月16日(日)
開場18:00 開演18:30
料金/3,000円
場所/蔭涼寺(岡山市北区中央町10-28)
※サークルKサンクス岡山中央町店の隣りです。

・ライブの他にミニトークコーナーを予定しています。
・会場内でドリンク(ラムネ、ビール等)と駄菓子を販売します。

【ご予約】
下記メールへお名前と人数、緊急時の連絡先をお伝えください。
sf-2910@hi.enjoy.ne.jp (主催者の福本のメールです)

その他、なにかご質問がありましたら、
お気軽にメールください。

主催/福本 伸太朗

--

滝本さんとは以前まち歩きをご一緒した縁で
今でもときどきメールのやりとりをさせていただいてるんですが、
今回ライブが決まった際に「一緒になにかコラボしない?」
というお誘いをいただきまして、
僭越ながら滝本さんと私で「ミニコーナー」として
スライドトークショーをさせていただくことになりました。

熱心な滝本ファンなら、滝本さんがかつて
「すべり台研究家」として名を馳せたことはご存じでしょう。
今回のテーマはすべり台ではないのですが、
似たような感じで、2人が最近注目しているモノについて
紹介しようと思っています。






[PR]
by pictist | 2011-08-01 19:01 | イベント