内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-09-04 22:26
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-08-31 14:37
鉄管スロープのサイトをつくり..
at 2017-08-21 21:41
私たちは「都市鑑賞者」だと思う
at 2017-08-04 04:38
ピクトさんTシャツ2017
at 2017-07-11 13:01
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
鳥渡6周年企画展「塀をこえて」
at 2017-06-02 02:00
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン(装飾テント)
ペッ景 PET bottle scape
鉄管スロープ

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


カテゴリ:ぬかコラム( 80 )
電撃について
f0135351_2472950.jpg






電撃がずっと気になっている。
電撃訪問。
電撃結婚。
電撃移籍。
電撃引退。
ニュースでやたらと見かける言葉だ。
「有名人が突然とる行動」と訳せばよいのだろうか。

電撃である。
なんだか分からないけど、すごい。
電撃。
少年マンガに出てくる言葉みたいなのに、
普通に新聞とかで使われてるところが素敵だ。

電撃を有名人だけに当てはめていてよいのか、
と私は訴えたい。
一般人同士でも普通に使っていくべきではないのか。

例えば会社で。
営業マンが、契約が微妙だと思われていた顧客から
突然受注を貰ってきた時は、
「鈴木君、電撃受注!」とか
ホワイトボードに書いてあげたらどうか。
雷マークも添えて。
きっと鈴木君もまわりの人もテンションが上がるに違いない。

会議の時なんかでも、伝達事項を伝える前に
「さてここで、電撃発表があります」とか言えば
場が盛り上がるのではないか。
みんなの食いつきが違ってくるだろう。

「部長、なんですか、電撃発表とは!」
「実はな・・・入社1ヶ月目の吉田君が、
電撃退職することになった」
「えー!で、電撃ショック!!」


by pictist | 2007-04-19 02:49 | ぬかコラム
特別な花
f0135351_12225340.jpg






知り合いのお父さんが、趣味でらんの花を育てている。
らんの愛好家は多い。
彼らは丹誠こめて育てた自慢の花を
「作品」として出品し、その出来栄えを競う。
作品は審査員によって審査され、
優秀なものには「金賞」「銀賞」というふうに
賞が与えられ、格付けされるらしい。

SMAPが歌って大ヒットした「世界に一つだけの花」という歌がある。
『小さい花や大きな花 一つとして同じものはないから
ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン』
というやつだ。

らんの愛好家に、
まったくメッセージが届いてない。

by pictist | 2007-04-16 12:24 | ぬかコラム
BBQ
f0135351_1194454.jpg






バーベキューをBBQと書くことがある。
略すのならBQでいいような気がするのだが、
BQじゃダメなのだろうか。

そういえば会社ではマネージャーを略してMgrと書く。
Mgじゃダメなのか。
偉い人なのにミリグラム的な感じになるからか。

by pictist | 2007-04-14 11:10 | ぬかコラム
味だけ知ってる果物
f0135351_729044.jpg






私はアセロラの味を知っている。
しかしよく考えると、本物のアセロラを食べたことがない。

他にも「味は知ってるけど食べたことのない果物」
というものがある。

ブラッドオレンジ。
グアバ。
マンゴスチン。
パッションフルーツ。
ペピーノ。

ブラッドオレンジ、グアバなどはジュースで味を知っている。
まあ、これはまだいいほうだろう。
一応、元の果物を加工してつくられたものなのだから。

パッションフルーツなんか
「パッションフルーツ味のお菓子」でしか味わったことがない。
おそらく本物の果肉は含まれてないだろう。

ペピーノに至ってはガムで知っているだけだ。
あの味は本当にペピーノなのか。
本物を知らないから違ってても分からない。
ペピーノってなんだ。
実在するのか。

お菓子業界は新商品開発のために
懸命に新しい果物を探しているのだろう。
いっそのこと実在しない果物の味の
お菓子をつくったらどうか。

「幻のフルーツ」シリーズ。
開き直って発売すれば、意外と売れるのではないか。
「南米の果実・パジャクー味」とか。
パッケージには想像で描いたそれらしいイラストも入れて。



by pictist | 2007-04-12 07:31 | ぬかコラム
おみくじ
f0135351_2594396.jpg






正月に神社でおみくじを買った。
買っていると、私の横にいた女の人(30〜40代)が、
自分のひいたおみくじをマジマジと見た後、
巫女さんに「もう一回ひいていいですか?」と言って
二度目のおみくじを買っていた。

おみくじというシステムを否定してどうする。

by pictist | 2007-04-10 03:00 | ぬかコラム
それっぽい曲
f0135351_1594588.jpg






たまにCMなどで、
「有名な曲を微妙に変えた曲」
がかかることがある。
著作権や予算の関係で本物の曲を
使うことができない場合の、苦肉の策なのだろう。
きっとクライアントに
「それっぽい曲つくって、なんとかしてよ」
とか言われるのだ。

あれを聴いた時、
なんともいえない居心地の悪さを感じる。
知ってるのに違う曲。

しかしあれはあれで妙な味わいがあるような気もする。
あの「それっぽい曲」を好む人だっているかもしれない。
「それっぽい曲」の
コンピレーションアルバムをつくったらどうだろう。
「007のテーマっぽい曲」といった具合に、
曲名はすべて「〜っぽい曲」と表記。
帯の惹句は「居心地の悪さがクセになる!」

ぜひクラブでかけて、
フロアを居心地の悪さで満たしてみてほしい。



by pictist | 2007-04-08 02:19 | ぬかコラム
自販機ショック
f0135351_1493397.jpg






冬に自販機であったかいお茶を買おうとして、
間違って冷たいお茶のボタンを押してしまうことがある。
取り出し口で缶を触ったときの、あのやるせなさ。
間違ってしまったことももちろんショックだが、
あの缶の冷たさがショックを倍増させる。

「あったかいお茶が飲みたい」から買っているわけだが、
寒いので、心のどこかに「あったかい缶をさわりたい」
という欲望も同時にあるのだ。
それが打ち砕かれた時の悲しさ。

もう一度買い直したって金額にすれば120円、
しかも冷たいお茶だって
ムダにするわけではないので、たいして損ではない。
なのにあのショックの大きさはなんだろう。

「間違った」という精神的なショックと
「冷たい」という触覚的なショックが出会った時、
思いも寄らぬインパクトをもたらすのだと思う。

「ショックのシナジー効果」と呼んでみたい。

by pictist | 2007-04-06 01:51 | ぬかコラム
送別メッセージ
f0135351_215463.jpg






会社で、異動や退職する人に向けて
送別メッセージを書くことがある。
人の多い会社で働いていると、
それほど関わりのなかった人にも
送別メッセージを書くはめになったりする。

親しかった人ならいろいろと書くことがあるが、
あまり関わりのなかった人の場合、
何を書いていいのか分からなくて困る。

仕方なく
「ますますのご活躍を楽しみにしています」
とか適当なことを書いたりする。
ああいう時、みんな何を書いてるんだろう。
困っている人も多いのではないか。

「あまり親しくない人」への送別メッセージの
フォーマットをつくれば、
多くの人から重宝されるかもしれない。
あたりさわりのない言葉がちりばめられた文例集。
そんなのをつくってみんなに配れば、
きっと喜んでもらえるだろう。

で、自分が送別される時、
文例集のメッセージばかり並んでたりしてな。

by pictist | 2007-04-04 02:32 | ぬかコラム
日本版イメージソング
f0135351_18433170.jpg






日本のミュージシャンの誰それの曲が
ハリウッド映画に起用!という記事をたまに見る。
「へえ〜」と思ってよく読むと、
必ず「日本版のイメージソングを担当」だ。
「へえ〜」を返せ。

だいたいなんだ「日本版イメージソング」って。
必要なのか。

by pictist | 2007-04-02 18:48 | ぬかコラム
吉田のブログ
f0135351_18391673.jpg






ブログのタイトルで
「徒然」という言葉をやたらと見かける。
かつてこれほどまでに
「徒然」が使われた時代があっただろうか。
吉田もこんな時代が来るとは思わなかっただろう。

吉田兼好のことである。

吉田が現代に生きてたら
間違いなくブログをやっていたと思う。
あの一話一話の短さがいかにもブログっぽい。

徒然草の中に、こんな話がある。
第43段。以下、私の意訳。

--

散歩してたら、なんかセレブな雰囲気の、いい感じの家があった。
窓が開いてたので中を覗いたら、20歳くらいの男の子が
部屋の中で本を読んでいた。けっこうイケメン。
たたずまいも素敵。ただもんじゃないと思う。
どういう人なのか、誰か知らないかな。

--

こういうどうでもいい話を
つい書いてしまいがちなところも、
いかにもブログっぽい。

by pictist | 2007-04-01 18:58 | ぬかコラム