内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
鳥渡6周年企画展「塀をこえて」
at 2017-06-02 02:00
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-05-24 00:36
野上鮮魚店さん、おつかれさま..
at 2017-05-04 23:50
ピクトさんツバメノート
at 2017-04-23 01:20
「都市鑑賞論」イベント記録
at 2017-03-12 23:57
イベント:「都市鑑賞論」大山..
at 2017-01-30 23:44
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン souten : japanese awnings
ペッ景 PET bottle scape

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


カテゴリ:ぬかコラム( 80 )
ミッキーマウス未満
ディズニー社が徹底した著作権管理を
行っていることはよく知られている。
特にミッキーマウスは、いつの頃からか世間では
タブーの象徴のように扱われるようになった。

ミッキーマウスに似た感じの絵を
ネット上に公開することさえ、多くの人は避けようとする。
「ディズニーに訴えられるかもしれない」からだ。

では、ディズニーが本当に訴える可能性のある
「ミッキーマウスに似ている絵」とは、
具体的にどのくらいの範囲なのだろうか。

こんなことをしてみてはどうだろう。
ただの丸から200段階くらいかけて
少しずつミッキーマウスになっていく
イラストをつくるのだ。
それぞれに番号をふっておく。

それをディズニー社に持っていって
「どこから訴えますか?」と聞く。
「122番以降は訴えます」
「じゃあ121番はいいんですね」
となる。

その121番がどんな絵なのか、
見たくはないだろうか。
私は見たい。

そして121番のイラスト入りグッズをつくって販売する。
経緯が経緯なだけに話題となるだろう。

類似商品が出てきたら訴えるからな!



[PR]
by pictist | 2011-05-11 03:58 | ぬかコラム
フクロウ
フクロウはイラストなどで描かれるとき
眼鏡をかけていることが多い。
フクロウは「知性や学問を司る鳥」として
知られているので、そのイメージなのだろう。

ところで、実在するフクロウの一種で
「メガネフクロウ」というのがいる。
目のまわりを縁取るように白い毛が生えているのだ。

ただでさえ眼鏡と親和性が高いのに、
その上さらに眼鏡柄。
仲間から「おまえは粋じゃない」とか
「二度手間なんだよ」とか言われてそうだ。



[PR]
by pictist | 2010-07-08 06:02 | ぬかコラム
マグローの欲求五段階説
シーチキン

赤身

中トロ

大トロ

自己実現

ただのダジャレのつもりだったが
思いのほか納得感が出てしまった。



[PR]
by pictist | 2010-04-27 04:40 | ぬかコラム
別人の声
子供の頃、テレビアニメの主題歌集の
カセットテープを親にねだって買ってもらい、
わくわくしながら聴いてみたら
別人が歌っていてがっかりしたことがある。

同じ頃にジャッキー・チェンの映画曲集の
レコードを買ってもらったのだが、
こちらは大のお気に入りになった。
特にうれしかったのは
ジャッキーのセリフが入っていたことだ。
レコードの帯に「肉声入り」と銘打たれており、
曲と曲のあいだに劇中の音声が収録されていた。
意味の分からない広東語ではあったが、
該当するシーンを思い浮かべながら
繰り返し楽しんで聴いたものだ。

しかし大人になってから知ったのだが、
当時の香港映画は役者本人ではなく、
別の声優が吹き替えをする
システムになっていたそうだ。
つまり私が楽しんで聴いていた声は、
ジャッキーの声ではなかったのだ。

私の子供時代は「別人の声」に翻弄されていた。



[PR]
by pictist | 2010-03-19 01:36 | ぬかコラム
増加の一途
「増加の一途を辿る」でネット検索すると
世界人口とか新種ウィルスとか失業率とか
エネルギー消費量とか病気とか、
いろんなものが増加の一途を辿ってる話が出てきて
来年ぐらいに地球は滅亡してるんじゃないかと思う。

「増加の一途を辿る」が増加の一途を辿ってます。



[PR]
by pictist | 2010-02-26 03:37 | ぬかコラム
新聞紙
新聞をとらなくなって久しい。
しかしときどき、新聞紙があったらいいな、
と思う瞬間がある。
濡れた場所を押さえたり割れものを包んだり、
なにかの拍子にあったら便利なのだ。
他の紙でも代用できるかもしれないが、
新聞紙のあの質感と、あの大きさが絶妙にいい。

なくなって初めてありがたみが分かる、
というのはよく言われることだが、
私は新聞紙を通してそれを学んだ。

最近は新聞の販売部数が落ちているらしい。
新聞各紙は今のうちに購読者に向けて
啓蒙メッセージを発しておいたほうがいいのではないか。
生活面「使い方いろいろ〜あると便利な新聞紙〜」。



[PR]
by pictist | 2010-01-30 15:15 | ぬかコラム
アザミ
アザミの花言葉が多すぎる。

権威
厳格
人間嫌い
独立
満足
復讐
批評家
触れないで
安心

なぜ1つでは満足できなかったのか。
欲張りなアザミ。

最初は1つだったはずだ。
しかし、もう1つ、あと1つ、と繰り返すうちに
こんなことになってしまったのだろう。
欲望のエスカレーションである。

その結果、独立したいのか
批評したいのか安心したいのか、
よく分からないメッセージになってしまった。

広告業界では、1つの広告にあれもこれもと
いろんな要素を入れる総花的・幕の内弁当的な表現は
良くない方法だとされている。
多くの要素を入れることで、
結局なにが言いたいのか分からない、
印象に残りにくい表現になってしまうからだ。

アザミはまず市場セグメンテーションを行った上で
ターゲットを絞り、もっとも有効な1語を使って
メッセージを送りなおしたほうがいいと思う。



[PR]
by pictist | 2010-01-12 19:02 | ぬかコラム
カイロケータイ
カイロみたいに温かくなる
冬用の携帯電話があればいいと思う。
ボタンひとつでじんわりあったかくなるのだ。
もう使い捨てカイロなんかいらない。
いつでもポケットの中の携帯が
冷たい手をあっためてくれる。
通話するときは耳にもあったかいのがうれしい。

温度調節もできるようにする。
弱・中・強・極強の4段階。
極強は最終手段で、
通話口から温風が吹き出すのだ。

ただ、極強は携帯が壊れるリスクも高いので、
本当に寒くてやばいときだけお使いください。



[PR]
by pictist | 2009-12-23 06:28 | ぬかコラム
イカロス
ギリシャ神話に「イカロス」の話がある。
塔に幽閉されたイカロスは
鳥の羽根をロウで固めて翼をつくり、
空を飛んで脱出する。
しかし空を飛べたうれしさで
高く羽ばたきすぎてしまい、ロウが太陽の熱で溶ける。
そしてイカロスは墜落して死んでしまう。

一言でまとめると、お調子者の話である。

小学生の頃、このイカロスの話を題材にした
「勇気一つを友にして」という歌を覚えさせられた。
イカロスの行為を「鉄の勇気」と称え、
その心を僕たちも受け継ごうという内容の歌だったが、
よく考えると絶対に受け継いではいけない。

今の小学生はもう歌っていないと思うが、
もし再び学校で教えることがあるなら
タイトルを「反面教師」にしていただきたい。



[PR]
by pictist | 2009-12-12 13:30 | ぬかコラム
王様
昔のヨーロッパの君主の異称は
可哀想なネーミングが多い。

カール3世(肥満王)

マルカム3世(大頭王)

ホーコン2世(肩広王)

マグヌス3世(裸足王)

エゼルレッド2世(無思慮王)

名前の名を借りた悪口である。
「裸足王」って一体なにがあったのか。
想像がかき立てられる。

3世代にわたって可哀想な名前を
つけられた家系もある。

シャルル2世(禿頭王)
の息子が
ルイ2世(吃音王)であり、
そしてその息子が
シャルル3世(単純王)だ。

「王」という語は「そのジャンルで一番秀でた人」
という意味で使われることが多い。
賞金王とか格闘王などと言ったりする。
その流れでもう一度上記の王たちを見ると、
とてつもないチャンピオンたちが揃っていることに気づく。

どんな試合が繰り広げられたのかを想像するのも面白い。



[PR]
by pictist | 2009-12-01 02:50 | ぬかコラム