内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-09-04 22:26
都市鑑賞と「ソトの眼」につい..
at 2017-08-31 14:37
鉄管スロープのサイトをつくり..
at 2017-08-21 21:41
私たちは「都市鑑賞者」だと思う
at 2017-08-04 04:38
ピクトさんTシャツ2017
at 2017-07-11 13:01
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
鳥渡6周年企画展「塀をこえて」
at 2017-06-02 02:00
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン(装飾テント)
ペッ景 PET bottle scape
鉄管スロープ

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


こちらでお召し上がりですか
f0135351_1912260.jpg






ハンバーガー屋に入った。
私が店に入ったとき、
すでに男性がひとりカウンターの前に立っていた。
他に客はいなかった。

私はなんとなく、その人がもう
注文を言い終えた後のような気がしていた。

カウンターに近づいていくと、
店員が「いらっしゃいませーこちらでお召し上がりですか」
と言ったので、私は「はい」と元気よく答えた。
そうしたら、同時にその男性も「はい」とうなずいた。

「いらっしゃいませーこちらでお召し上がりですか」は、
その男性に向けて放たれた言葉だったのだ。
彼も今来たばかりだったのだ。
彼に向けて投げかけられたはずの言葉に、
後から来た私が元気よく「はい」と答えた。

恥ずかしい。非常に恥ずかしい。
なんなら私のほうが声がでかかったくらいだ。
普段はボソボソしゃべるタイプの私なのに、
なぜそんなときに限って元気出すんだ。

その男性客は、斜め後ろから聞こえてきた「はい」にも
特に動揺することなく、ハンバーガーを注文していた。
店員も私の「はい」が確実に聞こえたはずだが、
慌てず男性客の注文を承っていた。

私の「はい」は、なかったことになった。
私もなかったことにして、男性の斜め後ろで順番を待った。

他に客がいなくてよかったな、と思った。

そして、どっちかが「持ち帰りで」じゃなくて
本当によかったな、と思った。

by pictist | 2007-12-22 19:03 | ぬかコラム
<< 非世界遺産 大地のリンゴ >>