内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
ピクトさんツバメノート
at 2017-04-23 01:20
「都市鑑賞論」イベント記録
at 2017-03-12 23:57
イベント:「都市鑑賞論」大山..
at 2017-01-30 23:44
『勉強できる子 卑屈化社会』
at 2017-01-04 09:32
「三人俳句 よる更けて」の遊び方
at 2016-12-31 02:40
2016年の活動記録
at 2016-12-24 06:08
何も問いかけない写真/中塚浩
at 2016-12-12 22:08
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン souten : japanese awnings
ペッ景 PET bottle scape

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町
・ジュンク堂書店 池袋本店(7階)

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


蜘蛛の糸
f0135351_2375745.jpg






『蜘蛛の糸』のカンダタが
自分の後に続く罪人たちに構うことなく
糸を登り続けていたら、お釈迦様はどうしてたんだろう。

他の者が登ってくるのを邪魔することなく、
カンダタが蜘蛛の糸を登り続けていたら。
「みんなで極楽に行こうぜ!」
とか言って登っていたら。

蜘蛛の糸は重みに耐えきれずに切れていたのだろうか。
いや、それだとなにがなんだか分からない。
カンダタを救うチャンスをお釈迦様は与えてやったのだから、
もしもカンダタが他の者が登ってくるのを邪魔することなく
蜘蛛の糸を登り続けていたら、
カンダタは極楽に辿り着けていたはずだ。

さあそこからである。
その後に続く罪人たちはどうなるのだ。
カンダタが登り切ったところでお釈迦様は
蜘蛛の糸をチョン、と切ってしまうのだろうか。
「救いたかったのはカンダタだけだから。
生前、蜘蛛を助けたのはカンダタだから」
というわけか。

それってどうなんだ。
2位のやつなんか、ぬかよろこびだ。
せっかく必死に登ってきたのに。
人の気持ちを弄びやがって。

あとやっぱり、地獄にいる罪人を救うというのは
いくらお釈迦様でもやっちゃいけないんじゃないか。

[PR]
by pictist | 2007-06-28 02:42 | ぬかコラム
<< 大地のリンゴ サラダ菜 >>