内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
鳥渡6周年企画展「塀をこえて」
at 2017-06-02 02:00
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-05-24 00:36
野上鮮魚店さん、おつかれさま..
at 2017-05-04 23:50
ピクトさんツバメノート
at 2017-04-23 01:20
「都市鑑賞論」イベント記録
at 2017-03-12 23:57
イベント:「都市鑑賞論」大山..
at 2017-01-30 23:44
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン souten : japanese awnings
ペッ景 PET bottle scape

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


滝本さんにもらった写真

ときどき滝本晃司さん(ex.たま)から
写真をいただいてるので、
その中の一部をご紹介します。
ここ4〜5年くらいのものです。

まずはこちら、シュロ景。

f0135351_22565278.jpg

坂道とシュロの組み合わせがいいですねー。
透かしブロックの穴の位置も見どころです。
なぜこの位置に。

私もずっとシュロ景写真を撮り続けてますが、
そもそも滝本さんがきっかけなんですよ。

昔、滝本さんとお話ししたときに、
(かつて滝本さんが撮っていた滑り台の話を踏まえて)
「最近なにか撮ってるんですか」って聞いたら
「散歩中にシュロを見かけると撮ってる」という返事が。

シュロか!と。
それで私も意識してシュロを見始め、
ついにはお互いに撮ったシュロ写真を見せ合う
スライドショーをやるまでになったわけです。

たぶん私と滝本さんとでは
シュロを見る目線が少し違うと思いますが、
それも含めて面白いです。

それからこちらは「かどや」シリーズ。

f0135351_22575684.jpg

これも滝本さんに言われるまで特に意識したことなかったんですが、
言われてみれば「かどや」ってたくさんあるなあと。

「凝りのなさ」がいいですよね。
カドにあるからかどやでいいんじゃね、という軽やかさ。

それから、私が撮り続けているペッ景や装テン写真も、
「こんなのがあったよ」とときどき送ってくださいます。

f0135351_2257563.jpg

上の3本は物理的に通せんぼしようとして置いてるんだろうけど、
下に置かれている1本が実に味わい深いです。
「念のためにここも押さえておこう」という感じでしょうか。

f0135351_22575741.jpg

これは画像見た瞬間「おー!」と声が出ました。
ゴムのように下まで伸びた生地。
上の生地とひと続きになってるところがポイントです。

この装テンは盛岡で撮影したとのこと。
よく見ると「タン焼」って書かれてるんですよね。
そう思って見るとちょっと舌っぽい。

他にもたくさんいただいてるんですが、
ひとまずこれで。

そういえばこないだペッ景をツイートしてくださってました。



しばらく岡山でライブをしてもらってないので、
またお招きできるタイミングを窺っています。
来年(2016年)はぜひ!

f0135351_1253215.jpg

f0135351_1253243.jpg

f0135351_1253219.jpg




[PR]
by pictist | 2015-10-25 00:47 | あれこれ
<< 猫よけペットボトルの起源 シュロ景 - 『生活考察』Vo... >>