内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
ピクトさんツバメノート
at 2017-04-23 01:20
「都市鑑賞論」イベント記録
at 2017-03-12 23:57
イベント:「都市鑑賞論」大山..
at 2017-01-30 23:44
『勉強できる子 卑屈化社会』
at 2017-01-04 09:32
「三人俳句 よる更けて」の遊び方
at 2016-12-31 02:40
2016年の活動記録
at 2016-12-24 06:08
何も問いかけない写真/中塚浩
at 2016-12-12 22:08
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン souten : japanese awnings
ペッ景 PET bottle scape

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町
・ジュンク堂書店 池袋本店(7階)

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


本革ピクトさんペンケース(一本差し)リリース

f0135351_22503150.jpg

ピクトさんグッズシリーズ、初の革製品
【本革ピクトさんペンケース(一本差し)】
ができあがりました!

良質な革の生産地として知られる
姫路の職人さんにつくっていただきました。

使用しているのは牛ヌメ革。
ヌメ革とは、タンニン(植物の渋)で牛の原皮をなめし、
表面加工を施さずに仕上げた革のこと。
革ほんらいのナチュラルな風合いと、なめらかな手触りが特徴です。
日焼けや摩擦、手の脂などによって徐々に色が熟していくため、
使い込むごとに愛着が湧いてくる素材です。
経年変化と共に深まっていく味わいをお楽しみください。

f0135351_2250472.jpg

「一本差し」とはその名の通り、
ただ一本のペンを入れるためのケース。
万年筆やボールペンなど、
お気に入りの「この一本」を入れる
特別なケースとしてご使用いただければと思います。
大切な方へのプレゼントにもぜひ。

f0135351_22494661.jpg

そしてもちろん、ピクトさんロゴが
バン!と刻印されています。
これは印刷や焼き入れではなく、
ぐぐぐっと圧力をかけてエンボス加工したものです。

f0135351_2250459.jpg

留め具の「ギボシ」は真鍮製。
真鍮も年を経るごとに
くすんだ色に変化し、風合いを増します。

f0135351_2250331.jpg

巾着ケース付き。
これもハンドメイドです。

f0135351_2250337.jpg

全長148mmまでのペンが入る設計になっています。
ほとんどの万年筆・ボールペンは入ると思いますが、
念のため、収納予定のペンをあらかじめ測ってみてくださいね。

岡山県立美術館ミュージアムショップと
ネットショップのみでの販売となります。

価格:5250円(税込)
※2014年4月からは5400円(税込)になります。

mon cifaca online store【本革ピクトさんペンケース(一本差し)】



[PR]
by pictist | 2014-03-18 22:57 | ピクトさん
<< ふぁんしーナイト ~人はなぜP... 『生活考察』Vol.5に寄稿しました >>