内海慶一のブログ
by pictist
カテゴリ
全体
ピクトさん
執筆
イベント
レビュー
あれこれ
ぬかコラム
profile
最新の記事
ピクトさんTシャツ2017
at 2017-07-11 13:01
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-06-15 23:38
鳥渡6周年企画展「塀をこえて」
at 2017-06-02 02:00
滝本晃司ライブ in 岡山 ..
at 2017-05-24 00:36
野上鮮魚店さん、おつかれさま..
at 2017-05-04 23:50
ピクトさんツバメノート
at 2017-04-23 01:20
「都市鑑賞論」イベント記録
at 2017-03-12 23:57
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
twitter
Webサイト
日本ピクトさん学会
100均フリーダム
装テン souten : japanese awnings
ペッ景 PET bottle scape

【ピクトさんグッズ取扱店】
・広島市現代美術館
・ふくやま美術館
・岡山県立美術館
・喜久屋書店 イオンモール倉敷店
・スタンダードブックストア茶屋町

作成者:内海慶一
Author:UTSUMI Keiichi
picto@mx35.tiki.ne.jp
ライフログ


別人の声
子供の頃、テレビアニメの主題歌集の
カセットテープを親にねだって買ってもらい、
わくわくしながら聴いてみたら
別人が歌っていてがっかりしたことがある。

同じ頃にジャッキー・チェンの映画曲集の
レコードを買ってもらったのだが、
こちらは大のお気に入りになった。
特にうれしかったのは
ジャッキーのセリフが入っていたことだ。
レコードの帯に「肉声入り」と銘打たれており、
曲と曲のあいだに劇中の音声が収録されていた。
意味の分からない広東語ではあったが、
該当するシーンを思い浮かべながら
繰り返し楽しんで聴いたものだ。

しかし大人になってから知ったのだが、
当時の香港映画は役者本人ではなく、
別の声優が吹き替えをする
システムになっていたそうだ。
つまり私が楽しんで聴いていた声は、
ジャッキーの声ではなかったのだ。

私の子供時代は「別人の声」に翻弄されていた。



[PR]
by pictist | 2010-03-19 01:36 | ぬかコラム
<< マグローの欲求五段階説 増加の一途 >>